ご利用者様主人公型デイサービス

みどりデイサービスセンター

通所介護(デイサービスセンター)とは、
日帰りで入浴・食事、機能訓練やレクリエーション等の日常生活向上の為の
ケアを施設で受けるサービスです。

スタッフの取り組み

気づきをもつ

まわりの変化にどれだけ敏感に気づくことができるかどうかがご利用者様に安全にお過ごしいただくことはもちろん、満足度を高める上でももっとも重要です。常にまわりを見渡して下さい。目配り気配りの意識を持って下さい。気配を察知して下さい。ご利用者様がお見えになるときの業務の最優先はご利用者様です。ご利用者様と向き合うことに全力を尽くして下さい。

大きな声で明るい挨拶

ご家族様、ケアマネさん、業者さん···日々、施設には様々な人が出入りします。
「この人はご家族様だから大きな声で挨拶しよう」「この人は配達の業者さんだから挨拶はいらない」など分け隔てを作っていると肝心なときにしっかりとした挨拶ができません。
施設に出入りするすべての人に大きな声で明るい挨拶を徹底して下さい。挨拶をされて悪い気のする人などいません。

すべてのご利用者様に平等な愛情を

いつもニコニコしてくださるご利用者様、いつもカリカリしているご利用者様、気分屋さんなご利用者様…通っていただいているご利用者様は様々です。すべてのご利用者様にいつも笑って過ごしていただきたいという気持ちは偽らざる気持ちではありますが、そうもいかないことも多々あります。そんなときに厄介者扱いするのではなく、耳を傾けて下さい。
喜怒哀楽の感情を出すことは人間として人間らしいことであり、とっても尊いことです。愚痴を言ったり、怒るといった感情を出すのも家ではなかなかできないことをここで発散しているのです。福祉において受け止めることは大切なことです。
スタッフも人間ですから好き嫌いもあって当然ですが、福祉のプロとして、平等な愛情を持つことを忘れないで下さい。

自分のファンを作る

ご利用者様の価値観、趣味などは十人十色です。スタッフも同じ年代、同じカラーの人ばかりではなく、色々な個性やカード(切り口)がある方がご利用者様の満足度を高める上で有効的です。とにかく自分のファンを作って下さい。
「○○さんがいるからここに来るのが楽しみ」と言っていただいたときの嬉しさを体感して下さい。

想像力と創造力の奨励。

みどりデイサービスセンターで大切にしたいのは積極的な意見の出せる環境です。
固定概念にとらわれず新しいものをイメージし創造することを奨励しています。

HINO賞

一年間の施設の取り組みベスト3を全職員が自薦他薦問わず投票を実施し、全施設の中の取り組みの中で社長が賞を贈る制度です。年末、表彰式を実施します。

ドリームプラン

業務の改善やイベントなど、こんなことができたらいいなと思うものを計画書にまとめて提出すると内容如何に関わらず、一枚提出につき500円の手当を支給する制度です。
なお、実現性や内容に応じて賞与に反映します。